Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

お役立ちコーナー

a:2619 t:1 y:0

自転車練習の裏技

ポイントは以下の3点です。

①首根っこをつかむ

②ハンドルを持ってあげる

③前を見させる

以上が裏技の全容です。

内容を解説すると、

①まず普通は、自転車のサドルの後ろを持ちます。
なぜなら、ほとんどの子供用の自転車に
取っ手がついており、
大人はそこを持つように思い込んでいるのです。

しかし、首根っこ、
つまり首の後ろ部分の服をつかむことにより、
背中に親(大人)の存在を感じ、
子どもは安心感を得るのです。

サドルの後ろを持っても、背後に親を
感じないので、不安ですよね。

なので、首根っこをつかむ。

②首根っこをつかみ、ハンドルを持ってあげると、
背後と、サイドに親の存在を感じるので、
安心感がでて、かつハンドリングが安定します。

③自転車に乗れない子は、恐怖心から、
つい下を向いてしまいます。

そこで、前を向くように声をかけてあげます。

①②をしながらなので、子どもは
安心して前を向けるのです。

そこで、徐々に②のハンドルを離します。

子どものシャツの後ろ軽く触れているだけで、
あとは、「前見てこいでね~♪」と
言いながら一緒に走るだけ。

この方法を用いると、
一瞬で、子どもは自転車をこげるようになるのです。

10回くらいもやれば、
充分でしょうか??

今、子どもに自転車の乗り方を教えている
お父さん、お母さんがいらっしゃれば、
ぜひ、試してみて下さい。

P.S.
飯村匡博氏のメルマガより引用させていただきました。

↑ページのトップへ↑

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional